アーカイブ/Archives

 NEW!!!   (2016.8.9 up loaded)

むこうスタジオのオープンスタジオ6 (2017.5.13 -14)

2017年5月13日(土)と14日(日)の2日間、スタジオを広く一般に公開するイベント『むこうスタジオのオープンスタジオ6』を開催し、無事終了しました。

 

直近の活動の紹介や同時期に開催している展覧会の告知、新作や過去作の公開や試作を提示しての意見交換、情報収集など、それぞれの方法でスタジオの公開を行いました。ご近所の方から、各作家の直近の活動との関わりがあった方を中心に、作家、デザイナー、建築家、展覧会やイベントの企画者、学者、会社員、地域の方、学生、高校生、子供達といった様々な方がお越し下さり、有意義な機会となりました。

 

チラシデザイン:迎 英里子

簡易パンフレットデザイン:高橋静香(あべのま)

撮影:夏池風冴

 

以下、広報情報より。

 

////

 

 

『むこうスタジオのオープンスタジオ6』

 

京都府向日市の共同スタジオ「むこうスタジオ」では6回目となるオープンスタジオを開催します。制作現場であるスタジオの公開と、作品展示やこの場所を拠点に行われた活動の報告を行います。開設6年目の「むこうスタジオ」へ、是非この機会にお越し下さい!

 

作家:川田知志、清田泰寛、近藤邦彦、前川紘士、迎英里子

日程:2017年5月13日(土)、14日(日)

時間:11:00 - 19:00

住所:京都府向日市寺戸町中村垣内11-13

 

 

『MUKO STUDIO OPEN STUDIO 6』

 

 

We are pleased to announce the  ‘Open Studio’ that named “MUKO STUDIO OPEN STUDIO 6"  in Jun 13(Sat.) and 14(Sun.) 2017 at Kyoto, JAPAN.

We will show our works, record of activities, and location of our working space for the public.

Please drop in and see us when you come over here.

 

 

Artists: Satoshi KAWATA, Yasuhiro KIYOTA, Kunuhiko KONDO, Koji MAEKAWA, Eriko MUKAI

Date: 2017.5.13(Sat.) and 14(Sun.)

Open: 11:00~19:00

Adress: Terado-cho Nakamuragakiuchi 11-13, Muko, Kyoto, JAPAN 617-0002

 

むこうスタジオのオープンスタジオ5 (2016.6.25 - 26)

2016年6月25日(土)と26日(日)の2日間、スタジオを広く一般に公開するイベント『むこうスタジオのオープンスタジオ5』を開催し、無事終了しました。

多くの方にお越し頂きありがとうございました。

 

本年は、近隣の方の来場が増えたのが印象的でした。また関西の様々な地域や、遠くは九州など遠方から来て下さった方々と、作品や資料を制作環境で見ながら、作品や活動に関する様々な意見や情報の交換をする機会になりました。

 

チラシ・簡易パンフレットデザイン:高橋静香(あべのま)

撮影:夏池風冴

 

以下、広報情報より。

////

 

『むこうスタジオのオープンスタジオ5』

 

京都府向日市の恊働スタジオ「むこうスタジオ」では5回目となるオープンスタジオを開催します。制作現場であるスタジオの公開と、作品展示やこの場所を拠点に各地で行われた活動の報告を行います。今回はスタジオを構える近隣地域への働きかけも緩やかに試み始めています。様々な活動が蠢く開設5年目の「むこうスタジオ」へ、ぜひこの機会にお越し下さい!

 

作家:川田知志、清田泰寛、近藤邦彦、前川紘士、迎英里子

日程:2016年6月25日(土)、26日(日)

時間:11:00 - 19:00

住所:京都府向日市寺戸町中村垣内11-13

 

 

『MUKO STUDIO OPEN STUDIO 5』

 

We are pleased to announce the  ‘Open Studio’ that named “MUKO STUDIO OPEN STUDIO 5"  in Jun 25(Sat.) and 26(Sun.) 2016 at Kyoto, JAPAN.

We will show our works, record of activities, and location of our working space for the public.

Please drop in and see us when you come over here.

 

Artists: Satoshi KAWATA, Yasuhiro KIYOTA, Kunuhiko KONDO, Koji MAEKAWA, Eriko MUKAI

Date: 2016.6.25(Sat.) and 26(Sun.)

Open: 11:00~19:00

Adress: Terado-cho Nakamuragakiuchi 11-13, Muko, Kyoto, JAPAN 617-0002

▶吉田 芙希子 / Fukiko YOSHIDA   (2013.5-2015.2)

A windy hill  2013  300cm×214cm  発泡スチロール、石粉粘土
Morning Star  2012  Φ200cm×27cm  発泡スチロール、石粉粘土、サーフェイサー、ポリエステル樹脂
1988年 滋賀生まれ
2013年 京都市立芸術大学大学院 絵画専攻油画 修了
 
活動・経歴
2013年 アートアワード東京丸の内2013 シュウ・ウエムラ賞、H.P.FRANCE賞 受賞(東京)
      京都市立芸術大学 作品展 大学院市長賞受賞(京都市立芸術大学 学内展示)
2012年 個展「Happy of the Day」 (京都市立芸術大学小ギャラリー)
      アートピーポーマッピン (@KCUA)

▶西村 知子 / NISHIMURA Tomoko

[ars] 2012 京都市立芸術大学

[ars] 2011 Royal Collage of Art/ロンドン

 

living with clay @KCUA/京都

 

1986年生まれ

 

2011年 Royal Collage of Art 交換留学

2012年 京都市立芸術大学美術研究科油画修了

 

 

▶羽部 ちひろ / HABU Chihiro

 

 

1982年北海道生まれ   

2005年成安造形大学 洋画クラス卒業

2007年京都市立芸術大学大学院修士課程 修了

2010年京都市立芸術大学大学院博士課程(後期)満期退学

 

主な活動・経歴:

 

個展

2009年 羽部ちひろ個展(MEM

2008年 羽部ちひろ展(Oギャラリーeyes

2007年 羽部ちひろ個展(Gallery Den

 

グループ展

2011年 inmyroom3 (複眼ギャラリー)

2009年 FIX (元立誠小学校)

2008年ペインティングの恋人(CASO,MEM

2008年 in my room 2(複眼ギャラリー)

 

 

 

 

▶HYON GYON

超ブルー アクリル、パネル 162cm×162cm /2009

R.I.P_skull  アクリル、薄、パネル 200cm×300cm/2010

笑う顔(前) サテン、包丁、ミックストメディア /2011 


1979年 韓国生まれ  

2002 MokWon大学西洋画科 卒業

2008  京都市立芸術大学院 絵画専攻 油画 修了

2011 京都市立芸術大学院 博士課程修了

 

主な活動・経歴:


on a knif edge(chie matsui×hyon gyon』京都芸術センター/京都 (2011)

ぎらぎら』 g³ gallery(トリプルジーギャラリー)/東京 (2010)

たまふり』g³ gallery(トリプルジーギャラリー)/東京 (2010)

iyoiyo』 / Gallery EXIT / Hong Kong (2009)

iyoiyo/いよいよ』 magical art room 東京 (2008)

『TWS-Emerging 099 ぞくぞく』 トーキョーワンダーサイト本郷 東京 (2008)

『ワンダーウォール都庁』 東京都庁 東京 (2008)

 

 

 

 

NEW!!むこうスタジオ 新スペース利用者募集中!!(2013.3.18) 終了しました(2013.6.1)

 

当共同スタジオ「むこうスタジオ」では、2013年4月より空きスペースが出ますので新しい利用者を募集しています!

 

メールにてご連絡を頂いたあと日程調整をし、スタジオ見学をして頂き、その後利用者の決定を行います。なお、新規入居者の方は、敷金礼金などの負担は必要ありません。

3月および4月を目処に決定したい、と考えています。

 

簡単な募集概要は以下に掲載します。

詳細やお問い合わせ等は、下記のメールアドレスにお気軽にご連絡下さい!!

 

mukostudio[at]gmail.com

 

※募集人数あと一人となりました!関心がある方はお早めに一度ご連絡下さい。(2013.4.1)

※募集終了しました(2013.6.1)

 

 

【募集概要】
作家が共同で運営するシェア・スタジオです。現在5人の作家が共同で使用しています。
2013年4月以降空きの部屋がでますので、スタジオや倉庫として借りたい方を募集します。
途中入居になりますので、敷金礼金などは必要ありません
(年に一回の更新料など共同で必要なものが出る際は使用作家全員で分割し支払いになります)。
ご連絡を頂いた上、ポートフォリオ等活動が分かるものを持参して頂き、概要等を説明させて頂きます。
定員以上になる際は、メンバーでの相談の上決定させて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

【広さ】各人約5m x 3m(個人制作スペース※スペースにより若干条件が異なります)および、共同スペース(物置、作業場、トイレ、洗面所等)
【家賃・賃貸条件】
・家賃…一人21,000円(5人分割時)  ※水道、光熱費別途要
・敷金…ナシ
・礼金…ナシ
・光熱費…実費(入居者複数の場合、人数割)

【所在地】 617-0002 京都府向日市寺戸町中村垣内11-13
【交通】阪急京都線東向日駅から徒歩約10分 物集女街道近く 
【構造規模】スレートプレハブ2階建(ロフト式) ※元々は竹を乾燥させる倉庫などとして使われていた物件です。

【駐車スペース】1台分有り

 

 

NEW!!『京芸 Transmit Program #04 Kyoto Studio』 に「むこうスタジオ」が参加します!(2013.4.1)

2013年4月13日から5月19日まで京都は堀川御池にある「京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA」で開かれるグループ展『京芸 Transmit Program #04 Kyoto Studio』に「むこうスタジオ」のメンバー5人(清田、西村、羽部、ヒョンギョン、前川)が参加します。

是非お越し下さい。

 

We will participate in exhibition that named "Kyoto City University of Arts Transmit Program #04 Kyoto Studio" at Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA.
more information is billow.
_____________________________________
『京芸 Transmit Program #04 Kyoto Studio』

会場:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA @KCUA1, @KCUA2, ギャラリー B
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜休館)
時間:11:00-19:00(最終入館18:45まで)
観覧料:無料
ウェブサイト : @KCUA

企画:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催:京都市立芸術大学
助成:花王 芸術・科学財団
協力:NPO法人 Antenna Media
お問い合わせ:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 075-253-1509

このたび、京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA では、京芸 Transmit Program #04 Kyoto Studio 展を開催いたします。2010年の開館時から続く、京芸 Transmit Programシリーズ では、「京芸 Transmit Program #01 きょう・せい 展」、「京芸 Transmit Program #02 転地 展」では、本学の卒業・修了生を中心としたグループ展を開催し、「京芸 Transmit Program #03 Métis」展では、本学出身者だけではなく、学外出身者を含む、新進気鋭の若手作家によるグループ展を開催いたしました。第4回となる本展覧会では、若手美術作家のアウトリーチ活動支援をより広く実現することを目的とした「京芸 Transmit Program #04 KYOTO STUDIO」展を開催いたします。

京都には、共同スタジオ(アトリエ)とよばれる場所が、30軒以上も点在していると言われています。共同スタジオとは、複数人のアーティスト達がスペースを共有し、制作現場として利用している場所です。そこには、賃貸の相互負担としての経済的機能もありますが、同時に、アーティスト達の交流の場、コミュニティーとしても機能しています。本展では、展示会場内に17軒の共同スタジオを再現し、その中に、各スタジオに所属するアーティストの作品を展示します。出展作家は、総勢88人に上り、出展作品数は100点を超えます。

本展覧会は、「京都オープンスタジオ」と呼ばれるアーティスト達よって自主的に立ち上げられたイベントを起点としています。「京都オープンスタジオ」は、2009年より毎年開催されており、京都に点在する共同スタジオが、同時期にスタジオスペースを開放し、普段は制作場所としている空間を公開し、そこに作品を展示するものです。本展出展者の多くは、過去に同イベントへ出展した経験のある共同スタジオとアーティスト達を中心として構成されています。
本展では、これまで開催されてきた「京都オープンスタジオ」をさらに発展させ、普段は閉ざされているアーティスト達の制作現場をギャラリースペースに集約し、展覧会として公開します。さらに、本展に合わせ、出展スタジオ、出展作家を全て収録した同名のアーティストカタログも出版いたします。

京都という街の中で、美術について考え、語り合い、創作活動を続ける美術作家達のさまざまな制作現場を、展覧会と書籍という1つの情報として集約することで、美術を中心とした緩やかなコミュニティが、より大きな流れに繋がってゆく可能性を模索します。ここでは、必然的に生まれる軋轢や戸惑いも含め、まとまった一つの情報として発信することで、現在進行形で起きている美術について、その在り方を検証し、可能性を指し示す契機になることを期待しています。

2013年4月
京都市立芸術大学


『Kyoto City University of Arts Transmit Program #04 Kyoto Studio』

Place:Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA1, @KCUA2, gallery B
Closed : Monday (except when Monday is a national holiday, in which case the gallery is closed on the following day.)
Term : 11:00am~7:00pm (Customers are not permitted to enter after 6:45pm.)
Admission:Free
Website : Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA

Organized by:Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Organizer:Kyoto City University of Arts Art Gallery
Cosponsor:The Kao Foundation for Arts and Sciences
Cooperation:Antenna Media
Contact:Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA 075-253-1509

Foreword
We would like to announce “KCUA Transmit Program #04: KYOTO STUDIO” Exhibition, held at the Kyoto City University of Arts Gallery @KCUA. The KCUA Transmit Program series has, since opening in 2010, been a group exhibition focusing on graduate students with “KCUA Transmit Program #01: kyou / sei Exhibition” and “KCUA Transmit Program #02: tenchi Exhibition,” and moving on later to include not just this universities alumni but those from other establishments as well, in a group exhibition for up-and-coming young artists entitled, “KCUA Transmit Program #03: Métis.” The current 4th exhibition, “KCUA Transmit Program #04: KYOTO STUDIO,” is intended to implement an extensive outreach support activity for young contemporary artists.
It’s said that Kyoto is dotted with over 30 places called “Kyoudou Studios” (shared studios or atelier). In these, several artist share the space together for the creation of artworks. They have an economic feature of mutual rent-sharing, but they also serve as a community and a place of exchange for artists. This exhibition will reproduce 17 shared studios within the exhibition itself, and an exhibition of artworks by artists attached to each studio will be held within those. Exhibiting artsts are 88 strong and artworks are expected to exceed 100.

The starting point of the exhibition were the “Kyoto Open Studio” events; independent initatives of the artists themselves. “Kyoto Open Studio” has been held every year since 2009, with shared studios throughout Kyoto opening their studio spaces simeltaneously—publicly exhibiting spaces they normally create works in—and exhibiting their artworks there. Many of the exhibitors at this exhibition are comprised of shared studios and artists who experienced previous “Kyoto Open Studio” events.

We have taken “Kyoto Open Studio” one step further in this current exhibition, by consolidating the actual places of production of the artists (normally closed) into the spaces available at @KCUA. In addition, we have published an artist catalogue by the same name, compiling all exhibiting artists and studios.

We hope to explore the posibilities of connecting this relaxed art community to larger currents by consolidating the various production locations, artists continuing creative activities, conversations and thoughts about art in the streets of Kyoto into one piece of information: an exhibition and publication. By including the inevitable confusion and friction produced and communicating everything as a single, coherent piece of information, we expect this opportunity to verify the way contemporary, ongoing art should be, and to show the very real potential it holds.

April, 2013
Kyoto City University of Arts

2013年2月13日(水)〜13日(日)、2月22日(金)〜24日(日)の7日間、

『むこうスタジオのオープンスタジオ2』を開催し、無事終了しました。

 

2011年11月に開催した「むこうスタジオのオープンスタジオ」、今年度は「むこうスタジオのオープンスタジオ2」を開催します!
今回は、お茶を飲みながら、最近の活動や諸々について話す「プレゼンお茶会」も会期中に数度行います。
是非お越し下さい。
_____________________________________

『むこうスタジオのオープンスタジオ 2』

日時:2013年2月13日(水)〜17日(日)、22日(金)〜24日(日)
時間:11:00〜18:00
場所:むこうスタジオ
参加作家:清田泰寛、西村友子、羽部ちひろ、ヒョンギョン、前川紘士
むこうスタジオ・ウェブサイト

・プレゼンお茶会その1 
2013年2月13日(水)16:00~ 発表者:西村友子、他(?)
・プレゼンお茶会その2(鍋クロージングパーティー※) 
2013年2月24日(日)15:00~ 発表者:前川紘士、ヒョンギョン、羽部ちひろ、清田泰寛、他(?) 
※鍋代200円(予定)

 

プレゼン内容

・西村知子「RCA留学の体験(2011)、ロケットを飛ばす仕事のこと(2012)」2013.2.13

・清田泰寛「尾道への旅(2010)」2013.2.24

・羽部ちひろ「東洋美術研究者とのインド旅行(2012)」2013.2.24

 ※他のプレゼンは時間等の諸事情により中止しました


"MUKO STUDIO OPEN STUDIO 2"

Date: 2013.Feb.13(Wed) to 17(Sun), 22(Fri) to 24(Sun)
Time: 11:00〜18:00
Site: MUKO STUDIO
Artist: Yasuhiro KIYOTA, Tomoko NISHIMURA, Chihiro HABU, Hyon-Gyon, Koji MAEKAWA
Web Site: MUKO STUDIO Web site
Event: 
"Presentation tea party #1" 2013.Feb.13 16:00~ Core Speaker(Tomoko NISHIMURA, and other?)
"Presentation tea party #2" 2013.Feb.24 15:00~ Core Speaker(Yasuhiro KIYOTA, Chihiro HABU, Hyon-Gyon, Koji MAEKAWA, and other?)
"Hot Pot Closing Party" 2013.Feb.24 After "Presentation tea party #2"

Hyon Gyon が展覧会に参加しました。

1月11日(金)よりAntenna Medeiaにて開催する
グループ展「KYOTO ARTISTS MEETING 2013」に、出展しています

参加作家:上田順平、田中英行、ヒョンギョン、増本泰斗、宮永亮、八木良太、矢津吉隆

会期:2013年1月11日(金)―13日(日)、18日(金)―20日(日)
   ※金・土・日のみの開廊となります。ご注意下さい。

時間:13:00―19:00 ※最終日20日(日)は17:00まで。

詳細はウェブサイトをご確認下さい。
http://am-news.tumblr.com/post/38850668085/1-11-kyoto-artists-meeting-2013

 

前川がアーティスト・イン・レジデンスのプログラムに参加しました。

派遣先:「トレジャーヒル・アーティストビレッジ」 台北、台湾

期間:2012年8月30日〜11月27日

プログラム名:東京ワンダーサイト、トレジャーヒルアーティストビレッジ 二国間交流事業

 

Place : "Treasure Hill Artist Village" Taipei, Taiwan

Period : 2012.8.30 - 11.27

Program : Exchange residency program Tokyo Wonder Site & Treasure Hill Artist Village

 

東京ワンダーサイト Tokyo Wonder Site
トレジャーヒル・アーティスト・ビレッジ 寶藏巖國際藝術村 Treasure Hill Artist Village

西村が展覧会に参加しました。

 

Hyongyon が展覧会に参加しました。

 

Phantoms of Asia  Contemporary Awakens the Past

 

Artists : 

Adeela Suleman, Adrian Wong, Aki Kondo, Apichatpong Weerasethakul, Araya Rasdjarmrearnsook, Bae Young Whan, Charwei Tsai, Choi Jeong Hwa, Fuyuko Matsui, Guo Fengyi, Heman Chong, Hiroshi Sugimoto, Howie Tsui, Hyon Gyon, Jagannath Panda, Jakkai Siributr, Jompet Kuswidananto, Lin Chuan-Chu, Lin Xue, Motohiko Odani, NS Harsha, Palden Weinreb, Poklong Anading, Pouran Jinchi, Prabhavathi Meppayil, Raqib Shaw, Ringo Bunoan, Sun K. Kwak, Takayuki Yamamoto, Varunika Saraf, Yoshihiro Suda

 

Date : May, 18 - Sept, 2 2012

Hours and Admission :click here

Site : ASIAN ART MUSEUM

Chong-Moon Lee Center for Asian Art and Culture

200 Larkin Street • San Francisco, CA 94102 • 415.581.3500


明治学院大学 猪瀬浩平ゼミの企画「Go West」のメンバーがむこうスタジオに来られました。

 

2012年8月22日(水)に、明治学院大学の猪瀬浩平ゼミ(ボランティア学)の2年生から4年生のみなさんが、京都市伏見区にある共同スタジオ「GURA」と京都府向日市にある「むこうスタジオ」に見学に訪れました。

 

「Go West」という、旅をしながら各地を見て回る授業の一環で、8月7日から8月25日まで(14日から17日は一度解散)様々な所を旅し、いくつかの場での体験を比較・分析して、それぞれの研究や関心、実践に役立てて行く、とのことでした。

様々な学科の学生の混成チームで、埼玉県見沼の福祉農園「風の学校」、岐阜県郡上八幡、京都府の共同スタジオ「GURA」「むこうスタジオ」、大阪府西成区にある「cocoroom/カマン!メディアセンター」に向かうという旅だそうです。

 

GO WEST のblog

 

(前川)

Hyongyon が展覧会に参加しました。

京芸Transmit Program#3 「Mètis – 戦う美術-」

 

出展作家:伊東宣明、中田有美、佐藤雅晴、高須健市、ヒョンギョン、Weast

 

主催:京都市立芸術大学

会期:2012年4月7日(土)~5月20日(日)

会場:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA1,2  *4/18よりGalleryB,Cでも展示

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

〒604-0052 京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1(堀川御池ギャラリー内)

開館時間:11:00-19:00(最終入館18:45)

観覧料:無料

休館日:月曜日(4/30 月祝は開館、翌5/1火は休館)

教務学生支援室 事業推進担当 075-334-2204

 

関連イベント(予定)

■4/7(土):16:00- アーティストトーク/17:00- オープニングレセプション

■会期中週末(日程未定):出品作家企画によるイベント(詳細は随時WEB にて)

■4/28(土):19:00-23:00 @KCUAナイト(ART KYOTO 2012連携企画)

松本俊夫新作オムニバス三部作上映会《蟷螂の斧》

ゲスト:松本俊夫、建畠晢(京都市立芸術大学学長)

 

西村知子 が5月から むこうスタジオ のメンバーに入りました。

山本彩 が4月で むこうスタジオ を出ました。

 

山本 彩 / YAMAMOTO Aya

 

shape of recollection 2010 Royal College of Art/ロンドン

ドローイング 2008 

手の回想 2011 京都市立芸術大学/京都

b.1984

主な活動・経歴: 

 

羽部ちひろ が展覧会に参加しました。

 


「よくばりのはじまり」

 

出展作家:羽部ちひろ、吉田典子

 

日時:2012年3月13日(火)~25日(日)

   午前11時から午後7時

   最終入館18時45分

   ※月曜休館

場所:京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA galleryA

 

京都を中心に制作活動をしている作家2人による自主企画展です。
羽部と吉田は在学中より、いくつかの展覧会で一緒に展示する機会があり、自主企画での展示なので、制作 だけでなく展覧会を作るという過程も含めて、二人で展示をするということにお互い刺激を受けている。
羽部は既視感をテーマに制作をしている。また平面作品だけではなく、平面で描かれたモチーフを立体にし たり、 既製品などに筆を加えることでいつも見ているものとは違う別の世界の見え方を提示しようと試みる。 
吉田は自分の中の本当のものをイメージ化することにつとめている。本当のものとは、どこかから引用してき たものではなく、潜在的に自分自身の中にあるものと考えている。そのイメージを平面や、立体にすることで 作品づくりを行っている。  
展覧会タイトルである「よくばりのはじまり」は展示の構想を話し合っている中であれもこれも展示したい という私たち 二人のよくばりなきもちをタイトルとした。
展示作品も様々な素材を用いて、その空間を平面だけではできな いものに変えていきたいというのが二人の共通した意識だ。(羽部/吉田)

山本彩 が展覧会に参加しました。

 

 

「Alkuluku

 -Japanilaista NykytaidettaRaaheen」

 

出展作家: Aya Yamamoto ,Mayumi Niiranen-Hisatomi ,Taishi Nishi

 

日時:2012年3月1日〜3月24日

場所:Galleria Myotatuuli

         (Raahe/Finland)

 

素数とはその数以外に約数がない無限に存在する正の整数。素数は紀元前3世紀ごろに発見され、今もなお数学者達を魅了し続けています。

私たちの生活の中にあるたくさんの出来事は、私たちの記憶の中にて忘れられ、その尊さを失います。

芸術に出来る事は人々の記憶の引き出しを開け、それらを蘇らせること。新しい物事の発見へと導くもの。そして無限に人々を魅了すること。

 

今回の企画では3人アーティストがRaaheために制作した多彩な作品(絵画・立体・インスタレーション)が展示されます。

私たちの住むこの世界、そして無限に過ぎ去って行く日々の小さな物事がどれほど美しいくユニークであるか彼らの作品が示してくれることでしょう。

 

Prime numbers are mysterious & fascinating and infinite just like art. Also both of them give humans many hints to recognize the hidden stories in this world. However, humans can not remember all of their experiences. Some small, or even some important things are forgotten and lose their meanings in our memories. But art can rise such small but sweet memories in our minds. By reviving those memories, people can gain new meanings in their lives. Artists believe that this is the power of art.

 

This exhibition explores the ways in which three Japanese contemporary artists have create the works for Raahe to analyse and extend the range of approaches to understand our world. New works (paintings. ceramics, sculptures and installations) of these artists let you contemplate all the small subconscious experiences -often easily missed -and see their preciously beautiful and unique character.

 

前川紘士が展覧会に参加しました。

 


 2012年1月26日(木)〜2月5日(日)、奈良市内で開かれる『奈良県障害者芸術祭 HAPPY SPOT NARA 2011-2012』に参加します。

 

この芸術祭は「展覧会」「コミュニティープログラム」「舞台」から成り、前川は「展覧会」の枠で「アートリンクプロジェクト」に関する展示で参加します。

 

是非お越し下さい。

 __________________________

 

「アートリンクプロジェクト」

 

出展作家:
那須大輔×前川紘士/三浦彩寛×中井由希子/上坂 彰×中谷由紀/森口敏夫×山村幸則/多田あけみ×東 學/西谷光世×高木義隆/大空の家×うなてたけし/藤田陽司×松井智惠/たんぽぽの家×佐久間 新/山口修平×宮本博史


日時:2012年1月26日(木)〜2月5日(日)
   9:00〜19:00 
   ※月曜休館
場所:奈良県文化会館展示室
入場料:無料

 

表現活動をしたい!と願う奈良県在住の障害のある人と、新しい表現を求めるアーティストが出会いました。個性と個性のぶつかい合いから生まれる創作活動。10組のアートリンクのプロセスと、今まで見たことのない世界をお楽しみください。

 

 

詳細、関連企画については以下のリンクをご参照下さい。

奈良県障害者芸術祭 HAPPY SPOT NARA 2011-2012 ウェブサイト

 

 

2011年11月11日(金)、12日(土)、13日(日)の3日間、

『むこうスタジオのオープンスタジオ』を開催し、無事終了しました。

 普段制作の為に使用しているスタジオを、スタジオメンバーの作品展示や小企画を交え、地域や広く一般に公開する『むこうスタジオのオープンスタジオ』を開催します。

 

私たちにとっても初の試みになるオープンスタジオ。

地域の方への私たちの活動の紹介や、共同スタジオを運営する上でのイメージを得る機会として行います。

当日には、いくつかの小さな企画も用意しています。

 

是非お越し下さい。

 

_________________

 

 むこうスタジオのオープンスタジオ

_________________

 

日時:2011年11月11日(金)、12日(土)、13日(日)

11:00〜19:00

場所:むこうスタジオ

参加作家:清田泰寛、羽部ちひろ、Hyongyon、前川紘士、山本彩

レセプションパーティー:13日(日)15時〜

ご飯会VS炊き出し

入場料:無料

 

アクセス>>


 

2011年10月1日、ウエブサイト開設!

 

むこうスタジオのウェブサイトを開設しました。

工事中の部分もありますが、徐々に更新していきます。

2011年3月

『むこうスタジオ』立ち上げ


2011年3月、京都を拠点に活動する美術作家、清田泰寛、羽部ちひろ、Hyongyon、前川紘士、山本彩の5人で、京都府向日市に共同スタジオ「むこうスタジオ」立ち上げました。

 

 

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから